MDB東京問い合わせ先:03-6202-1290/mdb_info@jmar.co.jp
MDB大阪問い合わせ先:06-6233-2306/mdbosaka-info@jmar.co.jp

情報コンサルタントがお客様の代わりに情報収集

 「最新分野別所蔵データ例」で紹介されている情報は、MDBが2014年以降に入手した文献・資料等から抽出した索引の一部で、すべてMDBが所蔵しています。
 紹介されている内容をご確認されたい場合、MDBメンバーの方は、各キーワードの横にある7桁の数字を控えた上で、メンバーサイト内「MDBリサーチ依頼」より、お問い合わせ願います。
   MDBにご登録されていない方は、「問い合わせ・資料請求」より、弊社営業推進部までお問い合わせください。
 最新情報やこの他の所蔵データ例は多数ございますので、お気軽にMDBまでお問合せ願います。

分野別所蔵データ例(2015年):農林・水産

一般

2251773 スマート農業
【予測(量)】 金額(分野別、2014・2017・2020年予測)
【業界・市場動向】
2271487 食料品備蓄
【意識・評価】 備蓄していない理由
【行動状況】 緊急時に備えた食料品等の備蓄の有無、家庭内で備蓄している食料品等
2271488 家庭用食料品備蓄ガイド(認知度・情報源)
【意識・評価】 認知度
【利用状況】 存在を知った手段
2271489 水産資源管理(漁業者・流通加工業者)
【業界・市場動向】
【調査・アンケート】 (漁業者調査、p4〜8・24〜27)水産資源管理に関する意識/意向(言葉のイメージ、実施している措置・具体的内容、水産物を持続的に利用していくために実施すべき資源管理措置、漁業経営(不安に感じていること、目指していること)、漁獲した水産物の単価および漁労所得の近年の傾向・単価が上昇したにもかかわらず漁労所得が減少したと感じる要因、漁場を探す上で重視しているもの、燃油使用量を削減するための取り組み、資源管理を行うことにより実現してもらいたいこと、強化に伴い発生すると考えられる事項で受け入れられるもの/受け入れられないもの)、(流通加工業者調査、p14〜15・30〜31)水産物の取り扱い有無、水産資源に関する意識・魚価が高い要因として漁業者の努力不足と感じるもの、水産資源管理に関する意識(言葉のイメージ、推進についての意向、強化に伴い発生すると考えられる事項で受け入れられるもの/受け入れられないもの)
2271490 水産エコラベル(漁業者・流通加工業者)
【業界・市場動向】
【法規・制度】
【調査・アンケート】 (漁業者調査、p9・27)水産エコラベルの認知度/認証の意向、(流通加工業調査、p15・31)水産エコラベルの認知度
2271491 食品の入出荷記録(漁業・農業・流通加工業)
【その他流通関連】
【業界・市場動向】
【調査・アンケート】 (農業者・漁業者調査、p9〜10・28)農畜水産物の出荷記録の保存の取組み、(流通加工業者調査、p11〜13・29〜39)食品の入出荷記録の保存の取組み、内部トレーサビリティの取組み
2271492 被災地支援(水産物・食品販売)
【意識・評価】 被災県産農林水産物/食品の販売イベント・積極的な販売/利用に取り組む店舗の利用意向
【利用状況】
2271493 中食
【購買行動】 購買頻度
【意識・評価】 利用理由
【利用状況】
【特性】 弁当類・惣菜類別
2271494 水産資源(状況認識・価格感・努力不足)
【意識・評価】 現在の水産資源の状況認識、水産資源が減少・低迷している原因、水産物の価格についての意識、魚価が高い原因として漁業者の努力不足と感じるもの
2271495 水産資源(イメージ・推進・管理強化)
【意識・評価】 言葉のイメージ、推進についての意向、資源管理の強化に伴い発生すると考えられる事項で受け入れられるもの/受け入れられないもの
2271496 水産エコラベル(認知度・購買意向)
【購買行動】
【意識・評価】 認知度、水産エコラベルが添付されている食材の購買意向
【利用状況】
2272243 食料品等の備蓄(農業者・消費者別)
【意識・評価】 緊急時に備えた食料品等の備蓄の有無、家庭内で備蓄している食料品等、備蓄していない理由
【行動状況】
2272250 水産資源に関する意識(消費者)
【意識・評価】 現在の水産資源の状況認識、水産資源が減少・低迷している原因、水産物の価格についての意識、魚価が高い原因として漁業者の努力不足と感じるもの
2272251 水産資源管理に対する意識(消費者)
【意識・評価】 言葉のイメージ、推進についての意向、資源管理の強化に伴い発生すると考えられる事項で受け入れられるもの/受け入れられないもの
2272252 水産エコラベルに関する意識(消費者)
【購買行動】
【意識・評価】 認知度、水産エコラベルが添付されている食材の購買意向
【利用状況】
2279818 野菜・果物
【購買行動】 野菜や果物の購買時重視点
【意識・評価】
2279819 農業
【意識・評価】 農作業の体験をしてみたいと思うか、TPP参加は農業や食の安全に対するメリットとデメリットのどちらが大きいと思うか、世界農業遺産の認知度、世界農業遺産認定地域で知っているもの
【行動状況】 どのような農作業を体験しているか(自宅での家庭菜園、貸農園での家庭菜園、農業体験農園、田植えや稲刈りなどの体験的な農作業、農業ボランティアなど農家の手伝い、自給自足的な生活、その他、していない)、今後も行いたい農作業体験
2279820 農業
【意識・評価】 農協改革の賛否、日本の農業の成長に重要な規制改革は何か(農地法改正、農産物機能性表示、TPP参加、JA全農の株式会社化、その他)、日本の農業の成長には何が重要だと思うか(農業従事者の確保や育成、農産物輸出促進、ICT活用、六次化、等)、日本の農業は明るいと思うか
【行動状況】 農産物輸出取り組み状況
2284156 スマート農業
【市場規模】 金額(農業クラウド・複合環境制御装置・畜産向け生産支援ソリューション・販売支援ソリューション・経営支援ソリューション・精密農業別、2013年度実績・2014〜2020年度予測)
【予測(量)】
【業界・市場動向】
【総合備考】 ソリューション分野別定義
2284157 農業(企業参入)
【その他規模】 参入法人数(新リース方式・旧リース方式別、都道府県別、2003年4月〜2009年12月・2010年3月〜2014年12月)、参入法人業種別構成比(2014年末)、旧リース方式下での参入数・撤退数、食品加工業付加価値額シェア・農業産出額シェア(都道府県別)
【企業リスト】 2013年以降の参入企業一覧(受入れ時期、会社名、農業分野、事業内容)
【業界・市場動向】
【法規・制度】 農地制度改正
【調査・アンケート】 (都道府県調査)企業等の農業参入推進意向、支援内容
2284158 農業(企業参入、青森県)
【その他規模】 新規参入件数・撤退件数・累計(2009〜2012年度)、参入企業数のうち建設業の割合(2009・2013年)
【業界・市場動向】
2284159 農業(企業参入、埼玉県)
【その他規模】 参入法人数・業種別割合・撤退数(2014年末)
【業界・市場動向】 参入支援窓口の立ち上げ
2284160 農業(企業参入、福井県)
【その他規模】 参入法人数(2014年2月末)
【業界・市場動向】 参入支援実施、北部丘陵地への就農支援
【法規・制度】 植物工場に対する補助制度
2284161 農業(企業参入、兵庫県)
【その他規模】 参入法人数(2015年1月末)、参入業種別割合
【業界・市場動向】 淡路島での玉ねぎ生産参入動向、6次産業化動向
2284162 農業(企業参入、熊本県)
【市場規模】 販売金額(2013年度)
【その他規模】 参入法人数・新規営農面積(2009〜2013年度)、参入企業件数(県内・県外別、業種別)、生産作物別割合
【業界・市場動向】
2316581 青果物(カロテノイド色素)
【業界・市場動向】
【技術動向】 カボチャ「栗坊」の貯蔵中における主要カロテノイド含有量、β−カロテン異性体分布(青果物別)、標準リコペン異性化試験結果、リコペン異性体分布(トマト・スイカ・ニンジン・トマトジュース別)、トマト「Tangerine」×「アイコ」交配後代カロテノイド含有量
2316582 外食化(高齢化起因)
【その他規模】 人口(年齢階層別、1985・1995・2005・2012年)、1人あたり食品購買額(中食・外食・加工品別、年代別、2000・2013年)
【業界・市場動向】
2316583 業務用野菜
【業界・市場動向】
【貿易動向】 輸入野菜数量(生鮮品・加工品別、1980〜2013年)
【総合備考】 業務用需要者による輸入加工野菜利用の増加、国内産地の業務用需要対応策
2316584 野菜(キャベツ・ネギ・枝豆・他)
【市場規模】 収穫数量(キャベツ・ネギ・枝豆別、2013年)
【その他規模】 主要野菜作付面積(全体・31品目別、1990・1995・2000・2005・2008・2010〜2013年)
【その他流通関連】 品目別生産・流通動向(大根・キャベツ・人参・トマト・きゅうり・ねぎ・スイートコーン・カンショ・ブロッコリー・枝豆・ホウレンソウ・すいか・メロン・いちご別)
【業界・市場動向】
2316585 果樹
【市場規模】 結果樹面積・収穫数量・出荷数量(品目・品種別、2007〜2014年産、品目により一部相違あり)
【業界・市場動向】
【総合備考】 主要果実生産動向(ウンシュウミカン・その他かんきつ類・リンゴ・日本ナシ・ブドウ・カキ・クリ・西洋ナシ・スモモ・モモウメ・オウトウ・ビワ・キウイフルーツ・パインアップル・その他落葉果樹別)
2316586 穀類(水稲・麦類・大豆)
【市場規模】 作付面積・収穫量・反収・作況指数(水稲子実用、2005〜2014年)、麦類作付面積・収穫量(小麦・二条大麦・六条大麦・裸麦・合計別、2005〜2014年)、大豆作付け面積・収穫量(2005〜2014年)
【その他規模】 水稲被害面積・被害数量(2005〜2014年)、水稲共同利用育苗施設数(2004〜2013年度)、共同乾燥施設普及率(1976〜2005年)、RC・CE設置基数(地域別、2012年度)、総合農協所有農業倉庫棟数・延床面積・標準収容力(2009〜2013年度)、取組計画認定面積(加工用米・飼料用米・米粉用米別、2008〜2014年度)、備蓄数量(米、2014年6月末)
【その他流通関連】 流通施設の現状と課題
【業界・市場動向】
【法規・制度】 政策・制度動向(2014年度)
2316587 花き
【市場規模】 切花生産金額(1990〜2012年)
【その他規模】 花きイノベーション推進事業予算(2014〜2015年度)
【その他リスト】 生産者用品質管理認証要件項目一覧
【業界・市場動向】
【技術動向】 実証事業で開発された品質管理技術
【法規・制度】 品質管理認証制度
2316588 農産物(貿易)
【予測(量)】 輸出金額(農林水産物+食品計・青果物・花き別、2020年予測)
【その他ランキング】 青果物/加工品輸出相手国別ランキング(品種別、各上位3か国、2014年)、青果物/加工品輸入相手国別ランキング(品種別、各上位3か国、2014年)
【企業リスト】 輸出団体一覧
【業界・市場動向】
【企業・団体事例】 輸出戦略委員会構成図
【貿易動向】 輸出金額(青果物・花き別、2014年)、輸出数量・輸出金額・輸入数量・輸入金額(青果物およびその加工品、品目別、2013〜2014年)、輸出金額(農産物・林産物・水産物別、2005〜2014年・2014〜2015年・各上半期)、輸出金額(輸出先国別、品目別、2014年)
【計画】 輸出戦略(りんご・なし・かんきつ・かき・ながいも・花き別)
2316589 和食(海外普及)
【予測(量)】
【業界・市場動向】 日本食普及の取組み
【貿易動向】 農林水産物・食品輸出金額(品目別、2012年実績・2016・2020年予測)
【総合備考】 「日本食・食文化の海外普及戦略」とりまとめ
2316590 食品安全(アメリカ)
【その他リスト】 「食品安全強化法」主要規則(最終期限・適用期限)
【業界・市場動向】
【企業・団体事例】 研究実施状況(米国農務省東部農業研究所、カンサス州立大学)
【法規・制度】 「食品安全強化法」概要・主要項目
2316591 農産物(試験研究機関)
【企業リスト】 農作物関連試験研究機関一覧(都道府県別、試験研究機関名・所在地・連絡先、p85〜88)
【業界・市場動向】
【企業・団体事例】 農業・食品産業技術総合研究機構、農林水産省農林水産政策研究所
2316592 農作物予冷施設・貯蔵施設
【その他規模】 予冷施設保有施設数・基数(野菜・果実別、集出荷組織別、種類別、都道府県別、2006年)、貯蔵施設数・棟別(野菜・果実別、集出荷組織別、種類別、都道府県別、2006年)
【業界・市場動向】
2316593 野菜・果実(貯蔵条件)
【その他リスト】 野菜呼吸量(種類別)、主要野菜貯蔵条件・貯蔵可能日数、主要果実最適貯蔵条件・貯蔵期間・特性値(凍結点・水分・比熱)、呼吸熱・凍結点(主要野菜・果実別)、CA貯蔵条件・貯蔵可能期間(主要野菜・果実別)、低温障害発生温度・症状(果実野菜種類別)、低温輸送推奨温度(果実野菜種類別)、貯蔵適温・エチレン生成量・エチレン感受性(果実野菜種類別)
【その他流通関連】
【業界・市場動向】
2316594 果樹・農業
【その他流通関連】 バリューチェーン構築(イメージ図)
【業界・市場動向】 対策推進動向(消費面・流通面・加工面・輸出面別)
【貿易動向】
【計画】 「果樹農業振興基本方針」概要・基本的考え方
【調査・アンケート】 (農業経営者・農業協同組合調査)付加価値創造型果樹農業タイプ別売上高規模・投資規模、利用支援策
(Last Update:2018.04.21)
JMA Research Institute Inc ©JMA Research Institute Inc. All Right Reserved