TOP > 中国市場調査 > 中国市場データバンク >中国におけるLED照明器具の市場規模推移(2006〜2010年)





中国におけるLED照明器具の市場規模推移(2006〜2010年)
LED照明は従来の照明と比較して長寿命、省エネ、鮮明な色彩、エコなどの特徴があげられる。
2009年中国政府は“十城万盞” LED照明の普及及び省エネ活動(10のモデル都市を選定し、各都市にLED街路灯1万本設置)の実施を開始した。今後、大都市の街路灯及び24時間連続使用のトンネルライトは優先的にLED照明に取り替えられる予定である。既に北京、上海、広州、深せんの地下鉄にはLED省エネ照明が取り付けられている。
LED照明主要メーカーには勤上光電(東莞勤上光電股フン有限公司)、松下電工(松下電工(中国)有限公司)、福日(福建福日電子股フン有限公司)及び徳士達(深セン徳士達光電照明科技有限公司)があげられる。
近年、高輝度の白色LED照明は業界の主流となっており、今後5年間で白色LED照明は一般家庭にも普及が進むと予測される。
中国におけるLED照明器具の市場規模推移(2006〜2010年)
市場規模(億元) 対前年比
2006年 33.8 -
2007年 48.5 143.5%
2008年 65.1 134.2%
2009年 80.5 123.7%
2010年予測 98.8 122.7%

出所:中国照明電器協会
中国におけるLED照明器具の市場規模推移(2006〜2010年)