MDB東京問い合わせ先:03-6202-1290/mdb_info@jmar.co.jp
MDB大阪問い合わせ先:06-6233-2306/mdbosaka-info@jmar.co.jp

定量データから事例情報までオールラウンドの情報をワンストップでご提供

 日本能率協会総合研究所マーケティング・データ・バンク(MDB)では中国やASEAN各国を中心としたアジアの現地事情について、現地語を活用した調査で情報を入手し、日本企業の皆様の海外ビジネス活動をお手伝いしています。
 アジア現地通信では、現地取材で入手したアジア各地のトピックスをお届けいたします。

都市型生活者に対応した24時間営業コインランドリー Otteri(タイ)

 タイ人の洗濯機所持率は約50%と低い。コインランドリー利用料が安いため、洗濯機を購入するよりコインランドリーを利用した方が経済的であることなどが主な理由である。結果、アパートなどでも洗濯機の置き場所がないことも多く、タイ人にとってコインランドリーは必須の状況である。
 タイでは、一回20-40バーツの使用料を徴収するコイン投入口を追加した家庭用洗濯機を数台設置している形式のコインランドリー店が多い。初期投資額が少なく、個人事業届の必要のないため、特に地方都市を中心に多く目にすることができる。しかし、首都バンコクを中心とした都市部では深夜帯での利用ニーズなどもあり、都市型生活者に対応したコインランドリーが増えてきている。
 業務用洗濯機メーカーであるK-NEX CORPORATION LIMITED社が運営するコインランドリーサービスOtteriはタイ全国で23店舗をフランチャイズ展開している。都市型生活者向けに24時間営業を行い、明るいモダンな店内も女性が一人で安心して利用できると支持されている。
 同社はフランチャイズの開業資金として店舗経営者に対し、最大300万バーツの準備金を貸し出している。機材も家庭用洗濯機を導入する個人経営のコインランドリーと異なり、業務用で耐久年数も長い洗濯機が導入される。このため、利用者からも他コインランドリーより選択時間が短く済むと好評である。
 Otteriが展開する洗濯機、乾燥機、両替機は自販機メーカーであるCIRBOX社によりコイン投入式に変更され、更に利用状況などをモニタリングできるシステムも併せて導入されている。これにより店舗経営者はマシンの稼働状況や店舗の運営状況を簡単に管理、把握できる。
 店内にはフリーWifiスポットが設けられており、利用者が待ち時間に退屈しない工夫がされている。店舗全体で稼働中の洗濯機や乾燥機の状況、終了までの残り時間も確認でき、利便性が高いことも支持されている。また今後はコインランドリーの利用料金もスマホから電子決済で対応できるようにする予定である。
 ショッピングモール内にOtteri店舗を設置し、洗濯待ち時間中にショッピングができるようにしている。これにより単身者だけでなく家族層も取り込めることが期待される。
 

[企業概要]
企業名 :K-NEX CORPORATION LIMITED (Otteri)
住所: 287 / 50-51 Surawong Road, Suriyawong Bangrak Bangkok 10500
URL:http://www.otteriwashdry.com/

閲覧室無料検索体験申込 資料請求はこちら

JMA Research Institute Inc ©JMA Research Institute Inc. All Right Reserved